本文へ移動

虹の丘保育園 保育の理念

社会福祉法人たんぽぽ会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、
保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に推進し、合わせて地域における家族援助も行う。
なお、児童の福祉を積極的に進める為に職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の習得と技術の向上に努める。また、家族援助の為に常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。
虹の丘保育園の目指すもの
~きらきらした瞳を大切に~

子どもたちの未来のために情熱を持って心と体を成長させる

 子育ての最大のテーマは自立できる人間に育てることです。
子どもたちが自分の力で未来を切り拓いていける人間になれるよう、
豊かな心と健やかな体を育てることを目指して保育しています。

継続と体験が生み出す虹の丘っ子の力

1978年に生まれた保育園たんぽぽも、34年の年月を超えました。
2004年には社会福祉法人たんぽぽ会を設立、虹の丘保育園としてスタートしました。
2009年からは、子どもたちの未来を考えて、新たなカリキュラムがスタートしました。
それは、読み・書き・計算・体操・音楽を中心に毎日積み上げる「継続」と、絵画や製作、自然、
そしてたくさん遊ぶ「体験」を通して感性を磨くことです。
できるようになると楽しくなる、その体験に子どもたちは夢中になるのです。

●保育園外観

●分園外観

社会福祉法人たんぽぽ会
虹の丘保育園
〒031-0823
青森県八戸市湊高台一丁目16-4
TEL.0178-33-5279
FAX.0178-33-9340
TOPへ戻る